ebay 海外販売で売れるものとは?

海外販売で、良く売れるものは何でしょうか?

そこには、いくつかの要件があります。それらをきちんと理解しておかないと、一向に成果が出ないという事になりかねません。

適切な商品を選択し、それで強みを形成していく事は、成功にとって絶対に必要な条件です。

売れるものの条件

さて、海外販売で売れるものの条件とは何でしょうか?5つ挙げました。順次解説していきます。

海外で認知度されているもの

海外販売で売れる物の条件として絶対に必要なのは認知度です。

それは、ルイヴィトンのようなブランドの場合もありますし、着物のような商品名の総称の場合もあります。ダイソーなんかは、ショップとして海外で認知されていますね。

いずれにしても、お客様はキーワードを使って商品を探されます。必要なのは、キーワードとして使われる事です。つまり、認知されていなければキーワードが使われる事は無いし、売れる事もありません。

認知されているかどうかは、キーワードの検索数である程度推測する事ができます。検索数であれば、Googleのキーワードプランナーがいいのですが、Google広告を出稿していないと月間検索数が1,000~10,000とか、大雑把な数値しか把握できません。この様な時は、Ubersuggestなどの無料ツールがお奨めです。

海外で入手しづらいもの

自国で手に入らないから、わざわざ日本から輸入するので、当然と言えば当然です。着物、和食器、刀や刀のつば、掛け軸などの美術品など日本古来の伝統的なアイテムが数多く取引されています。

また人気ブランドが日本限定モデルを販売する事があり、そのブランドのファンの間では是非とも手に入れたいアイテムとなります。他にも、人気が上昇してきているブランドが、特定の国でまだ展開されていないというケースがあります。少なからず認知度が上がってきていれば、その国での販売機会は、圧倒的に高くなります。

トレンドに乗っているもの

物事にはトレンドがあります。トレンドにも様々なものがありますが、最も確率が高く狙い目なのは、新製品です。ネット時代ですので、海外のお客様も情報収集が早く新製品情報には非常に詳しいです。

僕もあるブランドのおもちゃを扱っていますが、その商材のコレクターのコミュニティでは、まだ公表されていない日本の新製品情報がシェアされていたりします。お客様に聴くと、メーカーと懇意にしている人がいるのだそうです。このような新製品は、絶対に他の人より早く出品する事です。早く出品すると実績を独り占めできますし、実績が上がっているものは、より売りやすくなります。

また、新製品以外にもトレンドには様々なものがあります。季節トレンドなどもそうです。ファッション系はトレンドが出やすいアイテムの一つです。更にクリスマスなども欧米の人々にとっては一大イベントですので、関連商品やプレゼントに適したものが売れます。

それから、大きなイベントなどもトレンドを作りやすいです。ラグビーワールドカップの時にラグビーボールが良く売れたりします。来年は東京オリンピックですので、関連商品の需要も

 

 

見込まれます。また××ブームなどというのも、需要を作り出します。

これらのトレンドを検証するツールとして有効なものは、Google Trendです。キーワードの検索数が時系列にどの様に推移しているかを検証する事が可能です。

小さいもの軽いもの

これはこれまでに述べてきた条件に比べると、それほど重要ではありません。ただ、大きくて重い物は国際送料負担が大きい為、購入意欲にブレーキをかける事は事実です。とはいえ認知度がある、自国で手に入らない、トレンドに乗っているなどの条件があれば、大きくて重い物も販売対象にすべきです。

競合が少ないもの

これまで述べてきた要件は、市場全体として売れる物の条件です。ただ、いくら良く売れるものであっても自分から買って貰えないのでは、販売実績につながりません。その意味で、競合が少ないというのは、非常に大切なポイントです。

物凄く単純化して話をすると、自分を含めて5人が同じ商品を出品していると、売れる確率は1/5です。ただこの場合、最安値を付けたセラーがかなりの確率で販売する事になります。従って、競合セラーよりも有利な条件で仕入れる事が出来ない限り、売りづらいし、利益も薄くなってしまいます。競合が多いという事は、ニーズがあるという事ですので、この様な商品を扱うなら、如何に有利に仕入れるかを追求していく事が必要です。

また中古品は、基本的に1点もので、比較的競合しづらく、売れやすく、しかも利益が取りやすいです。一品一品写真を撮ったり、出品をする手間はかかりますが、それだけのメリットがあると考えるべきです。

ebayマーケット規模の大きいカテゴリーランキング

さて、それでは具体的にどの様な商品が実際に売れているのかを考察します。以下は、ebayのカテゴリ毎の日本からの販売規模を調査し、年間3百万ドル(約3.3億円)以上のものを抽出したものです。

カテゴリー 年間販売額
Cameras & Photo > Film Photography $16,198,750
Cameras & Photo > Lens & Filters $13,533,936
Collectibles > Animation Art & Characters $6,181,993
Jewelry & Watches > Watches, Parts & Accessories $5,300,259
Music > CDs $4,329,506
Video Games & Consoles > Video Games $3,939,477
Video Games & Consoles > Video Game Consoles $3,838,037
Sporting Goods > Fishing $3,536,519
Musical Instruments & Gear > Guitars & Basses $3,408,023

上位には、カメラ関連のカテゴリが並びます。カメラは、ニコンやキャノンなどの日本ブランドが圧倒的に強く、ebayセラーの中でもカメラ専門のセラーさんは、非常に多いです。カメラ専用のコンサル教材が出ているほどです。中でもフィルムカメラがトップに来ているのは、中古品が高値で取引されているからですね。

そして、アニメ関連。これはフィギュアやキャラクターグッズなど。日本のアニメは世界中で放映されていて人気があります。クレーンゲームの景品なども、海外で手に入りにくく良く売れるようです。

腕時計はセイコーやカシオが、ブランドとしてかなり強く、キングセイコーやグランドセイコーなどのハイブランドが、中古品で高値で取引されています。

そしてCD。CDは、日本のシンガーだけでなく、洋物であっても、日本版には帯がついていたりして、それが人気があるようです。また、音楽関係ではレコードも良く売れているようです。その他、ゲームやゲーム機、釣り具、ギターなども上位に出現しています。

いずれにしても、日本製品としての知名度、海外での手に入りにくさなどが大きなマーケットを形成している要因と想定されます。

自分自身の強みを持つ

これら市場規模の大きなカテゴリは、機会も多いですが、当然競合セラーも多くなります。マーケットの規模は小さくても、自分がそのマーケットで存在感を確立できれば、売れますし、利益もあげる事ができます。

実際僕の商材のマーケット規模は、$500,000位ですので、上記に挙げたカテゴリよりは、はるかに小さい規模です。それでもシェアが50~60%位ありますから、十分に稼げています。

原理原則としての売れる条件を良く理解した上で、自分自身の得意な領域にフォーカスしていく事が非常に重要です。ただその際に、適切なマーケットサイズがあるかという事を確認する事も大切です。