個人輸出 専門店が有利な理由

個人輸出を扱う商品の切り口で考えると、専門店と何でも扱うよろず屋の二つのタイプがあります。

今回のテーマは、専門店かよろづ屋のどちらを選択すべきか?
僕は、専門店の方が圧倒的に有利だと思います。
今回はその理由と、専門店化を進める手法について解説します。

専門店化のメリット① リピーター、ファンが育成できる

専門店化のメリットはリピーター、ファンを育成しやすい事です。
これが、最大のメリットです。
商売は如何にリピーターやファンを育成するかにかかります。

専門店は、そのお店のテーマ、つまりショップコンセプトを持っているので、
それに沿った店作りをしっかりしていれば、そのコンセプトに共感したお客様が集まります。

そうしてお店へのロイヤルティ(忠誠度)が高くなったお客様は、
リピーター化してくれるだけでなく、口コミで他のお客様も引き寄せてきます。

こういった事が回りだすと、売上も収入も簡単に伸びていきます。
SNSがコミュニケーション手段として主流の現代において、口コミは最強のマーケティング手段なのです。

専門店化のメリット② 高く売れる

まったく同じ商品でも専門店の方が高く売れるという事を、なんとなく理解できる方は少なくないでしょう。
実際にロイヤルティの高いお客様は、多少であれば値段に左右されません。

ひとつ実例を示します。Terapeakというツールで僕の商材の売れ筋商品を検索した結果です。
1行目と3行目は同じ商品で、1行目は競合セラー、3行目が僕の販売実績になります。

Average Sale Price (平均販売価格)と Average Shipping(平均送料)を足すと、1行目の競合セラーは、$10.97 + $0.36 = $11.33
一方僕の方は、$9.80 + $3.33 = $13.13

つまり、僕の方が$1.8高く売っていて、それでも販売実績は競合セラー120個に対して僕が104個。
それほど大きく変わりません。
これは、利益にすると、とんでもない差となってきます。
上記に挙げた例は、たまたまそうなったものを挙げている訳では無く、概ね他の商品でも同じ傾向です。

そしてもう1点。専門店にすると高額商品が売れやすくなります。
高額商品は、やはり信頼のある店舗から買いたいという心理が働くからです。

つまり、専門店はファンを惹きつける事によって、売りやすく、かつ高く売れるという事になります。

専門店化のメリット③ 仕入れが有利になる

一方で、仕入面に関しても専門店の方が有利です。その理由は二つあります。

一つ目は、目利きが出来るようになる事。
商材を絞っているため、同じ商品を繰り返し扱う事になります。
必然的に、どの商品がニーズが高いか、何が儲かるかという事について理解が深くなります。
物販において、この仕入れの目利きというのは、非常に重要で、
他のセラーが見向きもしないような商材でも利益をあげれるようになります。

そして二つ目の理由は、安い時に大量仕入れが出来るという事です。
売れ筋のものが大型の店舗のキャンペーンセールなどで出た時に大量購入をするのです。

また、これは在庫として保有する事による在庫リスクを抱えるというデメリットと背中合わせです。
だから物がさばける自信が無いと、いくら安くても大量に仕入れる事はできません。
専門店の方が、圧倒的に在庫の回転率が高くなりから、在庫リスクは少なくなりますし、
売れるかどうかの見極めも的確にできる為、自信を持って在庫を保有する事ができます。

またキャンペーンでなくても、販売者側が大量購入割引を実施しているケースもありますし、
交渉で割引を受ける事も可能になります。

上記の様な機会をフルに活用すれば、仕入れ値を抑える事ができて、
価格優位性を持つことが可能になります。

専門店化のデメリットとは

販売時にも仕入れ時にもメリットがある専門店ですが、ではデメリットは何でしょうか?

専門店は扱う商材が、その領域に絞られます。
従って、選択したテーマにより成否が大きく左右されるという事です。
おそらく専門店化した方が良いという事は、感覚的に理解できていても、
いざ領域を絞ろうとすると、なかなか自分の選択に自信が持てないという事態に直面します。

リアル店舗と違って、ネット輸出は在庫を持たなくても販売する事が可能な為、他の商材を取り扱う事も簡単です。
そして、その柔軟性がゆえに、他に目移りし、領域が絞りにくくなるのです。
実際に僕自身も、自分の領域一本でやっていくという決断をする迄2年くらいかかりました。

ですから、領域を絞る事、すなわちショップコンセプトを確立する事が、最重要になります。
この点については、また説明の機会を別途設けます。

専門店化のプロセスとは

ebay個人輸出のメリットは、どんな商材でも扱えるとう事です。
初心者のうちは、家の不用品を出品したり、無在庫で様々商品を扱うのも良いと思います。
そうやって、市場のニーズを肌身で感じて行く事も勉強です。

ただ、ある程度実績が出てくれば、顧客のニーズや自分の嗜好も含めて領域を絞った方がベターです。
リピーター化していけば、売上・収益も伸ばしやすくなります。

僕の場合は、たまたま扱った商材の一つが、売上が好調に推移していった為、
自然と取扱商品が増え、気が付いたらその商材の専門店になっていました。
振り返ると、マーケットを分析したり、もっと戦略的なアプローチが必要だったと、
今は思いますが、結果論としては悪くはなかったと思っています。

ただ、専門店化をすると、そのマーケットである程度の売上をとってしまえば、そこで頭打ちになります。
その時は、領域を拡げないといけないのですが、ヒントは顧客に目を向ける事です。
自分の領域の顧客が、他にどのような商品を望むのか?
そのニーズを拾って、うまくショップコンセプトにおとせるなら、それが一番望ましいです。

例えば、食品をメインに扱っているなら、食品から食器類に広げるとかです。
ショップコンセプトでいうなら、『日本の味をお届けする』から『日本の食文化を提案する』というような感じです。
少しづつ関連領域に広げて行くという事ですね。

僕はいつの日か、専門店店主が集まるコミュニティみたいなものが作れるといいなと思っています。
その時は、皆さんよろしくお願いします(^^♪