ebay出品時のauctionとbuy it nowの使い分け

ebayの出品形態は、auction形式とbuy it now形式があります。
この両者を適切に使い分ける事で、収益を向上させる事が出来ます。
ebayではbuy it nowが基本ですが、auctionも上手く使えば強力な武器になります。
特にauctionをどう使うかについて理解を深める事で、
両形式の使い訳ができるようになります。

auction形式とは、ヤフオクとの違い

buy it nowは、固定価格出品の事ですので、非常に分かりやすいですが、
auctionについては、少し説明が必要かと思います。
特にヤフオクの経験がある方は、その方式の違いを理解しておく必要があります。

まず、ebayのオークションは、ヤフオクの様に時間間際に入札が入った際の
時間延長がありません。20時が入札期限なら、20時きっかりに終了します。

ですので、ヤフオクのオークションと比べると、
バイヤーがヒートアップする事が少なく、価格が上がりにくいのです。
逆に購入する側は安く購入する事ができます。
実際、安く購入する秘訣として、時間ギリギリにある程度の高値で入札するという
方法が、海外サイトで紹介されていたりします。
思わぬ低値で落札するケースが多いからです。

またこのせいもあって、セラーはauctionをあまり好みません。
実際、米国ebayでは、出品のほとんどがbuy it now形式となっています。

ただ、auctionを使う事にはメリットもあります。
上級者はその使い方を心得ていて、効率的に収益を上げているのです。

auction形式のメリット

では、auctionのメリットとは何でしょうか?

ひとつは、滞留在庫を避ける事が出来るという事です。
buy it nowは売れるまで在庫として保有しなければいけない為、
有在庫で販売している限り、長期滞留在庫の問題がどうしてもついて回ります。
その点、auctionはかならず売れますので、
商品の目利きに自信があれば、auctionだけで回せば、
在庫保有リスクを一切とる必要がなくなります。

また、auction形式は、watchの数や入札状況から、
市場でのニーズの強さを肌身で感じる事ができます。
つまり、セラーにとって重要な目利きの力を養うにはより適しています。

そして、予想以上の高値で販売する事が可能です。
もちろん、予想以上の安値になってしまう事もあるのですが、
特に過去に出品実績がないようなレアアイテムは、
びっくりするような高値が付く事も多く、
収益機会を逸失する事がなくなります。

auctionの有効活用の実践例

では、これらのメリットを享受する為の、より有効な活用の実践例を紹介します。
これは僕自身が実践して成果を得ている手法です。

オークションの唯一の秘訣は、人を集める事です。
人を集めれば集めるほど、価格は上がります。

では、どうやって集めるか。僕が実践しているのは、主に以下です。
①場を作る
②レアアイテムを中心に据える
③スタート価格を最低価格からにする
④International Site Visibilityを使う
⑤メールで集客をする
⑥auctionの時期を考慮する

①場を作る
僕の場合、auctionは単品ではやりません。
必ず、10品、20品をまとめてauctionにかけます。
それで、場を作って人を集める訳です。
但し、なんでもいいわけではありません。共通のテーマが必要です。
そのテーマに関心がある人を集める訳です。

②レアアイテムを中心に据える
auctionはレア度が肝です。
その辺で見慣れたアイテムは、注目もされないし、集客効果もありません。
ちなみに売れ残り品でもwatchがたくさんついているようなものは、
auctionの対象にしています。

③スタート価格を最低価格からにする
送料が極めて高くつくものを除いて、僕は一律$0.99からスタートします。
その方が集客効果が高いからです。
人気のない商品をオークションにかけると$0.99で落札されるので、商品選定は重要です。

④International Site Visibilityを使う
これは、米国ebayの出品をイギリスでの露出を高めるオプションです。
手数料がかかる為、auctionの場合のみ、このオプションを設定しています。

⑤時期を考慮する
ブラックフライデーやクリスマスで盛り上がる11月、12月あたりは、
オークションも注目されやすく、価格が上がりやすい傾向があります。

⑥メールで集客をする
少し上級編になります。
僕は過去の購入顧客にNews Letterを発行しています。
このNews Letterをauction終了時間の1~2時間前に届く様にし、
そこにauction案内を入れます。
これは、かなり強力な集客手段です。

Second Chance Offerを使おう

さて、ebay auctionにはSecond Chance Offerという便利な機能があります。
これは、複数商品を保有している場合、2番手以下の入札者にその入札価格で
オファーをできるというものです。

在庫が複数あって、auctionが予想以上の高値がついた場合、
この機能を使う事によって、簡単に利益をあげる事ができます。

auction出品は、SEO上有利です

分かりやすくいうと、ebayはauctionの方を上位表示する傾向があるという事です。
それは、人を集めれば集めるほど価格が高騰する為、
売上を最大化したいebayとしては当然の事ですね。

ただ、ここで述べたような仕組みをよく理解しておかないと
なかなか成果が上げれない為、この記事を参考にしていただいて、
収益につなげて頂ければと思います。